実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

Introduction

泉の森川越は、きたはら学園グループが運営する、2018年4月開園の認定こども園です。広々とした明るい園舎、芝生の園庭、年間を通した様々な体験と、子どもたちが過ごすのに最適な環境が揃っています。
お知らせ

歳児、残り枠です。

2021年度の保育認定(2・3号認定)については、
0歳児のみ、定員に空きがございます。

ただし、残り枠となっておりますので、
入園を希望する場合は、お早めにご検討ください。

なお、入園手続きについては、
保育課を通してお申し込みください。

園見学については、
随時実施しておりますので、
園まで直接ご連絡ください。

(※入園年齢:6ヶ月~)

子育て支援ひろば開催のご案内

毎週火曜日に、
子育て支援ひろばを開催しています!

ご興味のあるご家庭は、
以下よりご案内ページをご確認いただき、
参加希望の旨ご連絡ください☆

参加条件はお子様の年齢のみ♪

満3歳児入園の受付を
終了しました。

2021年度の1号認定(幼稚園枠)
満3歳児入園の受付を終了しました。

1号認定での入園をご希望のご家庭は、
今後は2022年度の3歳児入園をご検討ください。
(※10月に説明会を実施予定です。)

園見学については、随時ご案内しておりますので、
ご興味のあるご家庭は園までお問い合わせください。

“認定区分による違い”のない保育を

2019年より保育の無償化が始まり、3歳児以上については、各ご家庭で負担する費用の差は少なくなりました。しかし、子どもたちの保育環境という意味では、園によって、まだまだ違いは多くあります。

認定こども園には、1号認定・2号認定・3号認定、さらには新2号認定など、認定区分の違う様々な子どもたちが通いますが、泉の森川越では、この認定区分の違いにかかわらず、すべての子どもたちが充実した園生活を送れることを目指しています。

もちろん、子どもたちは一人ひとり違います。同じ環境で保育を受けていても、同じ体験をしても、子どもたちが感じることは皆それぞれです。
ただ、少なくともその前提である保育の提供については、誰にとっても最高のものでありたい。
そのような思いで、この園を開園しました。
園の特色

キーワードは “体験”

種芋から育てたジャガイモを収穫し、カレーライスを作ったり、春の田植え・秋の稲刈りで収穫したお米でおにぎりパーティーを楽しんだりと、子どもたちには、自分たちの食べるものがどんなふうにできているのかを実際に体験してもらっています。

自分たちにとって身近な「食」を通じた体験をすることで、好き嫌いをしないで食べることの大切さを実感し、ひいては、物を大切にする気持ちにもつながっていきます。

自然との触れ合い

年2回の園外保育のほか、夏には飯能へ川遊びに出かけたり、5歳児(年長組)はホタル観賞が出来る群馬県片品村へ、2泊3日のお泊まり保育に出かけています。

この自然と触れ合う体験を通じて、自然や生命の不思議さ・偉大さ・尊さを知り、好奇心や探求心が芽生えていきます。

また、園庭が全面天然芝のため、夏には昆虫やカエルが飛び跳ねていたり、小鳥たちが遊びに来たりと、園外活動だけではなく、園内でも、身近に自然と触れ合える環境が整っています。

専任講師による体育指導

身体を大きく動かす粗大運動は、子どもたちの身体の発達を促す上でとても重要なものです。
専門の講師が対応することで、子どもたちは、正しい身体の使い方を自然に身につけることができるようになります。

外国人講師による英語遊び

外国人講師による英語遊びは、正しい英語の発音に触れられるというだけではなく、言葉だけに頼らないコミュニケーション方法の獲得や、国籍・人種に限らず、自身とは違う他者を受け入れる土壌の醸成にもつながります。

自然に文字への興味を

泉の森川越では、3歳児(年少組)から国語教育を行っています。
絶好の言語習得時期である幼児期に、絵本などを通じて、漢字を含めた身近な文字から触れていくことで、文字への興味・関心が育まれることはもちろん、読める文章が増え、語彙力・読解力だけではなく、思考力も養われていきます。

保育の質を高める少人数制

「保育の質」には、大きく分けると3つの視点がありますが、そのひとつにあるのは、「どのような条件・環境で保育が提供されているか」という視点です。

泉の森川越では、質の高い保育・幼児教育を実践するため、3~5歳児でも、1クラスあたりの児童数を20名程度に抑えています。

充実した職員配置

0~2歳児の低年齢クラスはもちろんのこと、泉の森川越では3~5歳児まで含めて、すべてのクラスで2人担任制を採用しています。
3~5歳児クラスの児童数は約20人。児童と保育者の割合は、10:1という充実配置です。

一日を通して、常に複数の保育者が子どもたちを見守っています。

子どもたち一人ひとりに、
余裕のあるスペースを

泉の森川越は、川越市内で一番定員の少ない認定こども園です。
当園より広い園・大きな園はいくつもありますが、子どもたち一人あたりの面積で考えれば、当園より広いスペースを確保しているところはなかなかありません。

毎日長い時間を過ごす場所だからこそ、物理的にも余裕のある、快適な空間である必要があるんです。

1号認定も16:00降園

1号認定(幼稚園枠)児童は、一般的な幼稚園・認定こども園では14:00降園ですが、泉の森川越では、標準の降園時間を16:00としています。

16:00降園とすることで、朝の会の「おはようございます」から、帰りの会の「さようなら」まで、同じクラスの子どもたちが、認定区分にかかわらず、同じ一日を過ごすことができています。

0歳児からも安心の保育

0歳児クラスには、睡眠中の子どもたちの状態をモニタリングする午睡チェッカーを導入。保育者の目と、ITの目のダブルチェックで、睡眠中の事故を防ぎます。

他にも、園門の解錠にはICカードを利用したりと、セキュリティ面でも安心してお預けいただける設備となっています。
お問い合わせ、または園見学をご希望の方は、下記のアイコンからLINEの友だち追加をしていただくか、
お電話で直接ご連絡ください。

学校法人 川越きたはら学園
認定こども園 泉の森川越
〒350-0011 埼玉県川越市久下戸1880番地
tel:049-293-7691
開園時間:平日 7:00~19:00 / 土曜 7:30~18:30
定休日:日曜・祝日・年末年始
JR川越線 南古谷駅より徒歩15分
駐車場完備